road2vのブログ - a little white rooster

Windows10 64bit化、書庫:PC(パソコン)関連作りました。

「邪魅の雫(じゃみのしずく)」京極夏彦/講談社

京極夏彦さんの本を読むのはひさしぶり。
(「陰摩羅鬼の疵(おんもらきのきず)」以来になる。)

京極堂こと中禅寺秋彦榎木津礼二郎
そして関口巽、変わらぬメンバーにそして
かつての作品で登場した多くの人とまた再会する。

シリーズものというのは、どちらかというと独立して
並列に物語がなりたっているような、そんなスタイルをとる場合が
多いと思う。
(そうでなければ、書き続けられないとか、
 作品世界が煮詰まってしまうとか理由は想像できる。)

それとは完全に逆をいく、それなのに
過去の事件の背景や、登場人物たちがそれぞれ
存在感をまして、物語世界の深みや彩を増していく。

それが、
京極夏彦さんのつむぎだすエンターティメントがもつ
独特のすごさだと思う。

「絡新婦の理(じょろうぐものことわり)」以降、
どれだけ分厚い本を見ても、なぜか読みやすくわかりやすく
最後まで裏切られないというはずという、期待を持つようになった。

そして、また本作も本当にそうであることを再確認して、
また驚いている。(「塗仏の宴」もそうだったなあ。)

妖怪や魑魅魍魎、古典の膨大な知識、
独自の世界感は
そんな道具立ての上でしたなりたたないのか?

そうではない、
一流のエンターティメントはそうではない。ということを
京極夏彦さんは証明している。

この作品は、京極堂シリーズの最新作にして、
ある種の集大成のような作品。

これまでの京極作品をあらかた読んでからのほうが
ずっと楽しめること、保証します。