road2vのブログ - a little white rooster

Windows10 64bit化、書庫:PC(パソコン)関連作りました。

除湿器

今まで買った家電製品の中でも、

想像していた以上に便利で、本当に買ってよかったなと
思わせてくれた商品に「除湿器」があります。

梅雨時はもちろん、空気が乾燥する冬季のごく短い時間を
のぞいて、年中Full稼動で働いてくれました。

気温よりも湿度が不快感の原因であるのは本当で、
除湿器をFull稼動させればエアコンを使わなくても
かなり快適な夜をすごせます。
(エアコンのドライモードはそのためなのでしょうけど。)

でも、1999年6月に購入してからもう7.5年。
さすがに酷使しすぎたのか、先日。
除湿機能が効かなくなりました。

動作音にいつもとちがう高周波が混じって、
時間をかけても水がたまらない。

サービスセンターに持ち込んで
修理をお願いしようとしたのですが..

基幹部品であるコンプレッサーの故障ということで
修理代見積もり・・

!! 4万5千円 !!でした。

購入価格は、2万円しなかったのを考えると
正直、この値段での修理は断念せざるを得ません。

日立の家電は、TVなど1988年から使っていて、
とっくに修理部品保管期限きれている2002年にも
リーズナブルな値段で修理してもらったので
良いサービスしていると感謝していました。

さすがにモノによっては、そうはいかないですね。

この5年ほどは、購入後時間がたった
手持ちの家電やAV機器の修理というのが、
続いているのですが、幸いCDプレーヤーや
ビデオデッキは、ある程度古い製品でも
修理対応してもらえています。

メーカーに修理できない・・といわれてしまうと
素人では、お手上げですよね。

システム化をすすめて部品点数を減らすことで
商品が安くなっているのは、消費者にとって
恩恵ですが、そのぶん、部品がなくなったら
もう修理できないというのも、ちょっと残念です。